お花で癒しとこころにゆとりある暮らしを


by Flora-yui
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プリザーブドフラワーの作成 <手順1>

本日のhana日和のご紹介は、"プリザーブドフラワーの作成"です。

プリザーブドフラワーとは・・・
フランスで開発された新しいタイプのフラワーです。

生花を特殊な液体で1.脱色→2.染色→3.乾燥の工程で完成します。
ドライフラワーとは違い、生花のようなみずみずしさ、ソフトな風合い、
鮮やかな色を環境次第で1~2年程、楽しむ事ができます。
生花とは違い、お花の水やりは不要なので、
とても手軽にお部屋に飾ったり、プレゼントできます。
近頃は、日本の百貨店やお花屋さんでも見かけるようになりましたが、
生花の何倍かのお値段なのでとても高価です。

私は、2年程前からレッスンで時々プリザーブドフラワーを使い始めましたが、
いつもは完成したプリザーブドフラワーを使い、アレンジしていました。
今回は、そのプリザーブドフラワーを生花から自分で作ります。

何でもそうですが、目で見ただけ、聞いただけでは、
その物の価値ってよく分かりませんよね。
今回、自分でプリザーブドフラワーを作る事で、
1本1本のバラの価値がよ~く分かりました!

まずは、脱色(色素を抜く)からスタートです。
使用するバラは元気で大きく、花びらの巻きが綺麗なものを選びます。
バラのガクはハサミで切っておきます。
e0099614_2123965.jpg


容器に脱色液を入れ、バラを下向きにつけてサランラップを上からかけ
蓋をして、24~48時間つけて置きます。
e0099614_2143049.jpg


ローズさん、このままちょっとだけお待ちを~
[PR]
by Flora-yui | 2006-10-09 22:18 | Preserved flower