お花で癒しとこころにゆとりある暮らしを


by Flora-yui
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

吉野

こんにちは。hana日和です。
ヨモギのワークショップの後
桜で有名な吉野山を観光して帰りました。
桜は散った後でしたが、新緑がとても綺麗でした!
吉野山へは、ケーブルカーに乗って上がります。
e0099614_23213342.jpg

吉野山には、桜が下・中・上・奥と4箇所に分かれて密集しており、
”一目で千本見える”という意味から一目千本と言われています。

山の下から下千本→中千本→上千本→奥千本と
桜は下から上の山へと順に咲いて行くので、長く桜を楽しめますが
奥千本まで歩いて行くのはかなり遠いです。

今回は時間がなく中千本辺りまで歩きました。
そこには、吉野山のシンボルである、金峯山寺があります。
e0099614_23295257.jpg

そして、柿の葉寿司や、吉野くずを使った和菓子屋さんが立ち並んでます。

その中でも出来立ての葛もちや葛きりを頂ける葛の専門店、
中井春風堂さんへ入りました。

葛菓子職人の中井さんが、目の前で作り方を披露して下さいました。
↓こちらが葛です。白い粉しか見たことなかったので初めて見ました!
豆科の植物で山の中に生えているツル性の植物の根っこです。
e0099614_23453577.jpg

昔から生薬としても使われていて、薬局で売られている風邪薬、
「葛根湯」はこの葛の根が使われています。
発汗、解熱作用があり、昔風邪をひくと母が葛湯を作ってくれたのを覚えています。

こちらのお店では、吉野本葛を使ったお菓子は出来て10分以内が
一番美味しいのでと、葛餅や葛きりは出来立てしか販売していないのです。

では、葛もちの作り方です。
吉野本葛粉をお水で溶くと白い液体になります。
それを火にかけ混ぜているとだんだん透明に固まってきます。
e0099614_23563853.jpg

固まってきたら、お水の中にくぐらせて器に盛り頂きます。
e0099614_2359899.jpg

ぷるん、ぷるんの食感でとーっても美味しかったです!!!
e0099614_011661.jpg


そして葛きりの作り方です。
葛粉を水で溶いたものを四角い容器に入れて、湯煎にかけて
熱湯にくぐらせると・・・あれ?!一瞬で透明色に消えてしまいました!
お水にくぐらせてすくうとちゃんと葛きりできてました!
これを細く短冊に切ると、くずきりです。

葛もちより固い食感ですが、プニュプニュで私はこちらの方が好きでした。
e0099614_022944.jpg


ここで、葛粉を買うときの注意点。

葛粉には、2種類販売されてます。
「吉野葛」は、葛根とさつまいものでんぷんが半分づつ混ざってます。
「吉野本葛」は、葛根のでんぷん100%なので高価で
少しの量で1000円以上します。
効能や食感を重視する方には吉野本葛粉がおすすめです。

吉野本葛粉はちょっとお高かったですが、
風邪ひいた時やお菓子づくりに活用しようと思い買って帰りました。

吉野では、からだに良い自然食材をいろいろ学べました。
遠かったですが、また遊びに行きたいと思います。
e0099614_084877.jpg

[PR]
by flora-yui | 2013-04-29 23:21 | Foods