お花で癒しとこころにゆとりある暮らしを


by Flora-yui
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Farewell gift

こんばんは~hana日和です。
親友(私がフラワーアレンジメントを習うきっかけとなった重要人物)との
お別れのお餞別に作りました。
小さくて(海外へ持っていく為)、グリーンの元気がでるアレンジ
というリクエストからデザインをイメージして作りました。
e0099614_01307.jpg

一昨日、昔カナダへ留学時代の親友と久しぶりに再会しました。
お互い留学から帰国後の就職活動は英語を使った仕事をしたいと
希望通り親友は大手電気メーカーの貿易部門に入社し、
私は繊維メーカーの商社に入社しました。

入社後、彼女はすぐに結婚して、
ご主人の転勤によって泣く泣く会社を一年程で退社して
全く英語を使う機会がない専業主婦となり、二人の子育てに専念してました。

一方、私は結婚が遅かったので10年以上OLとして働き
お互い全く違う世界にいてました。

当時の彼女は忙しいご主人に頼れず
遠い実家にも頼れないことから育児ストレスがたまり
まだOLとして英語を使う仕事について
時間とお金に自由がきく私をいつも羨ましがっていました。

当時の私からすると、仕事のストレスに揉まれず
トントン拍子に幸せになっていく友人の方が羨ましくもあったので
お互い違う世界に理解できずよく口論してました。
今思いだすと笑えますが・・・

隣の芝生は青いという諺があるように、
他人は良く見えてしまうのですよね。

でも彼女の不満を聞いていたからこそ、
独身時代に色々やりたいことに
時間とお金をかけておこうと思えたので、それはそれでプラスでした。

その彼女もやっと子供が小学校と幼稚園に入ると、
またご主人の転勤で関西に帰ってくることができましたが
ご主人はベトナムの駐在員になっていて
今後ずっと(定年まで?)海外生活になるということで
今回は彼女も子供二人連れてベトナムへ行く決意をしました。

西洋好きの彼女は初めとてもベトナム生活を嫌がってましたが、
ベトナムのホーチミンへ時々行っているうちに
ベトナム人は予想外にとても綺麗好きで、手先が器用で、
社会主義国なので、比較的安全で生活しやすいという利点と
インターネットでベトナムにいてても、いろいろな情報が手に入るので
ベトナムという国で住む心配がなくなったそうな。

それでもこれからまた一からベトナムで家族と生活を
スタートさせるのは大変と思いますが、
やっと留学していた頃の海外生活経験と英語を使う機会が
できたので、昔の留学経験は無駄ではなかったと思えます。

私もやっと最近仕事が楽しいと思えるようになったように
彼女も今まで育児を頑張ってきたから、ご褒美に夢だった
海外生活(アジアではなかったけど・・・)が現実となったのではと思います。
そして、専業主婦に英語は必要無いと言ってたけれど、
まさか今になって昔の経験が役に立つなんて・・・。

何事もその時は嫌々でもどこかでその時の経験が
生かせる時がくるのだと思いました。
そのチャンスを掴むのも逃すのも自分次第と思えば
嫌なことでも未来の自分の為に頑張れますよね。

とてもしっかり者のAyaちゃん、ベトナムでは迷子にならないように(笑)
そしていろいろな事を経験して充実した日々を過ごしてね。

ストレスがたまったら、このアレンジメントを見て
また元気に頑張って貰えると嬉しいです!

Ayaちゃんご家族がベトナムで幸運に恵まれますように☆
[PR]
by Flora-yui | 2012-08-07 23:57 | Preserved flower