お花で癒しとこころにゆとりある暮らしを


by Flora-yui
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

つりしのぶ

こんばんは~hana日和です。
イベントが終わってホッと一段落したところで
お花の友人がこんな素敵なものを買ってきてくれました。
それは、【つりしのぶ】
e0099614_22572312.jpg

つりしのぶは江戸時代に日本の夏の涼と風情を楽しむ為に作られたもの。
その後、厄よけの風鈴もついて全国に広まったそうです。
買ってきて貰ったつりしのぶには、南部鉄でできた
縁起物のフクロウの風鈴が付いてます。

父の日と、夫のお誕生日プレゼントに渡したらとても喜んでました!
夫自慢(笑)の坪庭には、つりしのぶはピッタリマッチしてました。
風に吹かれてなびく葉と風鈴の音がとても涼しげで癒されます!

友人からつりしのぶ農園の写真を見せてもらって、
その景色が圧巻だったので実物を見に行きたくて、
先週友人にしのぶ園に連れていってもらいました。

場所は兵庫県宝塚。
といっても、宝塚に住む友人も通ったことがない位
宝塚駅から山道をぐねぐねと車で20分程走った田舎の山の中にあります。
道路沿いに看板がなく、”植花夢”という看板が目印です。

農園に到着すると、ご主人は不在で若い男性が案内して下さいました。
農園にはこ~んなにたくさんのつりしのぶが!
これで一万個位吊り下がっているそう。
でも、吊しのぶが出荷されるまでには、しのぶの苗を植えこんでから
十分生育されるまでに4年もかかるのだそう!
すごく手間暇かけたものです。
e0099614_2325030.jpg


シノブは、山の樹木や岩に育つシダの一種ですが、
乾燥に強く水がなくても”耐え忍ぶ”ことから、
シノブという名がつけられたそうです。
春に葉がでてきて、冬には葉は落ちて丸坊主になるそうです。

流木とシノブを一緒に使ったものや、大きな立派なしのぶもありました。
e0099614_2339479.jpg

他に屋形船のような形もあります。
e0099614_23405633.jpg


農園に行くと、自分の好きなつりしのぶを選んで購入できます。
たくさんありすぎて、迷いますが・・・
私は実家の父の日用にもう一つ購入しました。
サービスで好きな色の小さな蘭をその場で入れて下さいました!
e0099614_23482712.jpg

そして、もう一つの農園も見せて頂きました。(また車で10分移動します)
そこでは、シノブと違う種類のつりしのぶや苔玉などが作られてました。
e0099614_23551436.jpg

e0099614_2356882.jpg

そしてこちらの種類のしのぶは、常緑なのだそう。
葉の色は少し深緑色で、根は白い毛で覆われていて少し獣っぽい・・・
e0099614_23563658.jpg


つりしのぶの職人さんは、東京と兵庫県宝塚の二人だけなのだそう!
関西人は高いと言ってなかなか売れないので、
大体関東へ出荷されてしまうのだそう。
だから見たことないのですね。。。とっても残念!

こんなに手間と時間をかけたつりしのぶに
南部鉄のいい音がする風鈴がついて、10年、20年、40年と長持ちして
9cm直径で¥2000って安いと思います!
(セールスみたいになってしまいました。笑)
関西にこそこの風情のある吊しのぶが似合うのに
売れないなんて悲しすぎます。

だから、このつりしのぶをもっとたくさんの人に知ってもらって
日本の風物詩が廃れずに広がっていってくれたらと願います☆

宝塚のつりしのぶはネットで購入できます。
今つりしのぶを作る講習会もしていますよ。
車で行ける人はぜひ農園まで足を運んでみて下さい。(ホームページ参照)

今年の節電の夏を昔の日本人らしく涼を過ごすのに一押しです!

e0099614_0302015.jpg

[PR]
by Flora-yui | 2012-06-30 00:14 | Plants