お花で癒しとこころにゆとりある暮らしを


by Flora-yui
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

清里 kiyosato in 山梨県

こんばんは。hana日和です。
今回は、東京から車で2~3時間、標高1000~1200mに広がる
避暑地、別荘地として有名な山梨県にある清里高原をご紹介します。
e0099614_22491020.jpg

終戦後、荒廃した日本に農村を復興させる為、標高高く寒冷な土地でも
人々が生活していけるようにと、ここ清里に酪農や農村を開拓して
導いてくれたのがアメリカ人の牧師、ポール・ラッシュさん
ボランティア精神が高い人だったそうで、清泉寮にはポールさんの
記念碑が立ち、今でもポールさんを厚く謳っています。

清泉寮とは、「清い泉が湧くキャンプ場」という意味だそうで、
今では宿泊施設と色々な自然を体験できるプログラムがあります。
e0099614_22563134.jpg

日本の象徴、富士山が見える場所としてこの場所が選ばれたそうです。
確かに目の前は富士山が一望できる牧草地帯が広がっています。
(トップの写真を見て頂くと、綺麗に富士山が見れます)

そして、近くには八ヶ岳牧場があり、可愛い馬、羊、牛に触れ合えます。
e0099614_22410100.jpg


車で少し走り、野辺山という場所へ行くと、高原野菜のレタスやキャベツ畑が
一面に広がっていました。
e0099614_23521696.jpg


関西では絶対見ることのない、富士山がどこからでも見れて感動でした!
そして、私が大好きなグリーンが広がるこの土地はとても心落ち着く場所。

こんな標高高い場所でも日本人が生きていけるように開拓したポールさんは
立派な方ですね。
自分の幸せばかり求めず、人の幸せの為に生きれる人って素晴らしい
ですね。見習わねば!
[PR]
by flora-yui | 2013-07-22 22:34 | Other

Perennial Garden in 八ヶ岳

こんにちは。hana日和です。
7月中旬、母と妹が住む山梨県へ遊びに行き
八ヶ岳にあるNHK趣味の園芸の講師を務める小黒晃さんがいらっしゃる
ミヨシ ペレニアルガーデンを見に行ってきました。
e0099614_23252825.jpg

e0099614_09713.jpg

”ペレニアルガーデン”とは、主に宿根草(しゅっこんそう)中心のお庭です。
あまり聞かないですが、宿根草とは、多年草植物の一部のことで、
冬に地上部分は枯れても根は生きていて一度植えたら毎年育つ植物です。
たくさんの種類の植物が植えられてるナチュラルガーデンでした。
e0099614_23255379.jpg

特に私の目を引いた植物をご紹介します。

まずは、こちらのハーブ。
左は、綺麗な色のハーブティーで有名なマロウ。
右は、カレー粉のような香りがする胃腸に優しいハーブ、フェンネル。
私の身長を超えるほど背が高く立派でした。
e0099614_23434940.jpg

そして、綺麗な薄いパープルのお花。
左は、アザミのようですが、キク科の植物。
右は、チェストツリー(西洋ニンジンボク)という女性向きハーブです。
昔ハーブの勉強で習いましたが、お花を見たのは初めてでした。
e0099614_083153.jpg

そして、ちょっと変わった植物。
左は、宿根草で有名なギボウシ。半日陰でよく育つ植物です。
グリーンの葉の色がなんともシックないい色をしてます。
右は、初めてみた植物で、なかなかこのお花を咲かすのが難しいらしい
チーゼルフロムナム。葉っぱもお花も細かいトゲで覆われてます。
e0099614_23511975.jpg

そして、ガーデンショップへ行くと素敵な寄せ植えがありました。
色、高さのバランスが良くとても綺麗に植えられてます。
e0099614_23592054.jpg

そしてこの寄せ植えの植木鉢の横に、可愛いカエルさんの置物が
ジーっとこちらを見てました。
でも、よ~く見ると?!本物のカエルさんでした!
子供の頃、よくこの小さなカエルを手の平にのせて
遊んでたことを懐かしく思い出します。
e0099614_003559.jpg


山梨県八ヶ岳は歩いているだけで、変わった植物を見つけますが
初めて見るペレニアルガーデンはとても自然な雰囲気で私好みでした。
無農薬で100種類以上の植物が元気に咲いていて、
自然のパワーを感じます。

植物は見ているだけで癒されますね。
私もいつかこんなガーデンを持ちたいなぁ。と夢見てしまいました。
[PR]
by flora-yui | 2013-07-21 15:19 | Plants

吉野で手作り

こんばんは。hana日和です。
アップが遅れてごめんなさい。吉野の続きです。

吉野というと桜の名所で大変有名ですが、
桜が散ると観光客はほとんどいなくてひっそりしています。

でも、今回吉野へやってきた一番の目的はこちらの樹木です。
さて、何の樹木でしょう???
e0099614_23492156.jpg

正解はこちら。
e0099614_23554796.jpg

そう、「梅の実」です。

吉野下市にある広橋梅林は奈良県の月ヶ瀬梅林と同じ三大梅林のひとつ。
桜が咲く前3月が開花時期ですが、6月頃から青梅が収穫できます。
この時期、よく八百屋さんやスーパーでも梅酒の材料が売られていますね。

梅酒は何度か作り、家に数年ものをストックしてちびちび飲んでますが
今回はノンアルコールの梅シロップづくりのイベントにやってきました。
e0099614_0124686.jpg

皆で手作りする梅シロップは楽しかったです。
e0099614_0144046.jpg

そして、10日程で完成~
e0099614_0145644.jpg

梅酒は長い間漬け込むほど、まろやかに熟成されますが
梅シロップは短期間で作れるのが魅力です。
ただし何年も保存できません。

そして、早速ソーダーで割ると、梅ソーダーの完成!
e0099614_0263422.jpg

爽やかな酸味と甘みでとっても美味しい♪

梅にはたくさんのクエン酸が含まれていて、
疲労回復に効果があると言われます。
また、殺菌作用もあります。

日本では昔から今でも梅を食事に取り入れていて
昔の人の知恵はすごいなぁとまたまた感心させられます。
自然の恵みのお陰で私達は健康に暮らせている思うと有難いですね。

今年はこの梅シロップで夏バテ知らずかな?

(おまけ)
この時期、梅農家さんは青梅の出荷で忙しそうでした。
そんな中、また手作り梅酒を作りたくなり(お酒好きな夫婦なので・・・笑)
有機の青梅を数キロ買って帰りました。
梅農家さん、ありがとうございました。
e0099614_0314795.jpg

[PR]
by flora-yui | 2013-07-06 23:46 | Plants
こんばんは、hana日和です。
先日、hitofushiさんのイベントに参加し、
奈良県の吉野の下市(しもいち)町にある
丹生川上(にうかわかみ)神社下社へ行ってきました。
e0099614_2218527.jpg

こちらは、二千六百年昔に日本で初めて神祭りが行われたと言われている
場所で、お供え物を食す「直会(なおらい)」発祥の地とされているそうです。
また、日本最古の水の神様を祀られている神社でもあります。
緑に囲まれとても静かで神々しい神社です。

今回、特別に拝殿に上がらせて頂き、本殿まで続く高く急な角度で伸びる
階段を拝見させて頂き、圧巻でした。

こちらの神社には白と黒二頭の馬がいました。
昔は、雨乞いには黒馬、長い雨を止めるのに白馬を奉納していたそうです。
現在は、絵馬に変わったそうです。
e0099614_2351139.jpg

水の神様を参拝した後は、宮司さんのお話を伺い、
直会(なおらい)のランチを頂きました。
直会とは、神様へお供えした食物を頂くことで、
神と人が一体となるということを意味しているそうです。

この日も地元のお野菜とお供え物を使って、
野菜料理家のマクロビオティックの食事を頂きました。
e0099614_2343263.jpg

パスタのようですが、おそうめんのジェノベーゼだったり、
きゅうりとバジルとトマトの酢の物や、ひじきのぺペロンチーノなど
和風イタリアンでした。
どれもとても美味しくて、お肉は全く使われていませんが
お腹一杯になりました。
このような神社で初めての直会を経験できてとても良かったです。

宮司さんのお話では、昔の日本人は神社へ感謝をしに行っていたのが
今の日本人はお願いをしに参拝しており、本来の目的ではなくなっているとのこと。

気持ちを改め、日々感謝して過ごしたいと思います。
[PR]
by flora-yui | 2013-07-01 23:11 | Other