お花で癒しとこころにゆとりある暮らしを


by Flora-yui
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Limone -リモーネ-

大三島を去る前、道の駅で入手した案内のお店、リモーネさんに
立ち寄ってきました。
2008年春、東京から脱サラしてこの大三島に移り住み農家を始めた若い
ご夫婦の小さなショップです。
e0099614_22541866.jpg

古民家を修繕した小さなお店ですが、オリジナルのレモンの雑貨や
おすすめの品、ご夫婦で作られた柑橘商品が販売されています。
e0099614_2314070.jpg

4年間、いろいろと悩み苦労しながら無農薬の柑橘栽培に取り組まれてきて
髪の毛も真っ白になってしまって・・・と話してた奥様。

それが今では口伝てで人気がでて、雑誌やテレビや芸能人に取り上げられ
ネットショップでも売り切れるほど。
(店内に美容で有名な佐伯チズさん、はるな愛さんの写真がありました)

こちらでは無農薬の柑橘栽培から安全で美味しいリキュール、ジャム、
ジュース、リキュールアイスモナカを作ってらっしゃいます。

中でも一番有名なのが、左の”リモンチェッロ”。右はネーブルチェッロ。
e0099614_2324244.jpg

初めて聞いたお酒ですが、南イタリア発祥のレモンリキュールで
アルコール度数がとても高いイタリア伝統的な食後酒だそうです。
レモンの皮から取れる香り成分「リモネン」には油を溶かす働きがあるそうで
イタリアでは食後に冷凍庫で冷やしたリモンチェッロを小さなグラスで飲むの
が一般的なのだそう。
冷凍庫に入れたらカチカチに固まるだろうし、どうやって飲むのかと思ったら
このお酒は冷凍庫にいれてもレモンの成分でカチカチに固まらず、
とろ~りとするのだそう。不思議~

ちょっと高いけれど、無農薬の国産レモンのリモンチェッロは他にないので
記念に買って帰りました。 (200mlで2,100円)
可愛かったのでこのお酒を飲む小さいグラスも買ってしまいました。

父はこのレモンのお酒を作るのに協力してもらっている
愛媛県の酒造会社(成龍酒造)の原酒を買ってました。
そしてお留守番している夫へのお土産もこの原酒を買ってましたが
帰宅後飲んでみると、とっても美味しかったので
夫はこの原酒を気に入りネットで探してまた購入してました。

一方、リキュールアイスモナカが気になった妹が、
皆にご馳走してあげるーとご馳走してくれました。(大して高くないけど)
良かったら2階で食べて行って下さいと、2階へ上がると・・・
とても可愛らしい古民家の屋根裏部屋です。
温かいお茶を持ってきて下さり、お家のように寛いでしまいました。
e0099614_2349275.jpg

そしてこちらがリキュールアイス最中です!
e0099614_23561383.jpg

あっさりした甘みの中に爽やかなレモンのリキュールの香りがほんのり。
おいし~♪ こんな美味しいアイス最中、初めて。
家族全員で美味しく頂きました。

帰りにお茶がでてきたグラスも可愛くて追加購入しちゃいました。
家族全員がここでまさかのお買い物をたくさんしてしまいました ^^
でも、こんな素敵なお店と出会えて大三島に来て良かったです!

ホームページから柑橘やオリジナル商品販売しているので、
よかったらお取り寄せしてみて下さいね。
グリーンレモンは12月中までですよ!
[PR]
by Flora-yui | 2012-10-30 22:50 | Shop

大三島のパワースポット

翌日の朝、旅館近くにある大三島のパワースポットを訪れました。
ここは『大山祇神社』 おおやまづみ神社
e0099614_23382084.jpg

天照大神の兄神を祀っていて、重要文化財に登録されています。
山の神、海の神、戦いの神として厚い信仰があるようで
総理大臣の伊藤博文や坂の上の雲の主人公である秋山好古陸軍大佐の
記念写真や、海上の交通安全の神として、海上関係の会社の
社長さんの記念撮影された写真がたくさん飾られていました。
e0099614_23383218.jpg

境内中央には樹齢2600年の楠がありとても立派です。
e0099614_23411898.jpg

国宝館には全国の国宝・重要文化財の8割が収められており
歴史好きの父は国宝館へ。

母、妹、私の女性は大山祇神社奥の院にある大楠を見に行きました。
神社から徒歩15分位の周りに何もない静かな場所にありました。
こちらが【生樹の御門】と呼ばれる巨大な大楠です!
e0099614_013012.jpg

とにかく大きい!!!根回り約30mらしい。。。
根本が2本に分かれていて、通り抜けられて本当に門みたいです。
e0099614_03874.jpg

宮崎駿のアニメにでてきそうな神秘的な大楠でした。
これは見に行った価値ありの景色でした。

一方、父が観賞した国宝館も立派な国宝だらけで全部見るには
時間が足りないほどで、見る価値ありだったそうです。

男性、女性ともにとてもパワーを感じる神社でした。
[PR]
by Flora-yui | 2012-10-28 23:16 | Plants

しまなみ海道

愛媛県今治市を去り、次はしまなみ海道へ。
目的地は2日目のお宿、瀬戸内海のど真ん中にある大三島です。
e0099614_19252214.jpg

良いお天気だったので、青空としまなみ海道の
真っ白な吊橋のコントラストがとても綺麗!
島と島を結ぶ橋の形が違うので、次はどんな橋だろうって楽しいです。
でもこんな大きな吊橋をいくつも作って日本の技術ってすごいですよね!
e0099614_19213449.jpg

今治市から一つ目が大島、二つ目が伯方島、そして三つ目が大三島です。
三つ目の大きい島だから、大三島なのかな???
ちなみに四つ目の島、生口島からは広島県になります。
大三島に到着~↓
e0099614_193347.jpg

多田羅大橋が綺麗に見えるところに道の駅があるので
立ち寄ってみました。道の駅が大好きな私 ^^
愛媛と言えば・・・おみかんですね!
この時期は早生みかんがたくさんでていました。
e0099614_19414537.jpg

そして緑色のレモンとライムが売られていてビックリ!
e0099614_19412376.jpg

私と妹が緑のレモンって珍しい~使えるのかな?と話してると、
道の駅の店員さんが、「えっ?珍しい?普通ですよ」って・・・
黄色になる前のグリーンレモンは9月~12月に収穫、販売されるらしく、
1~6月はイエローレモンが販売されるそうですが、
四国ではこのグリーンレモンを普通にお料理に使うのだそう。
グリーンレモンでも置いておくとだんだん黄色になるそうで、
確かに1週間経つとかなり黄色くなってました。
ラップして冷蔵庫に入れておくと長くグリーンレモンを楽しめるそうです。
「グリーンレモン」、なんて可愛いの!
国産レモンは防腐剤やワックスがついてないのでいいですね。
関西ではだいたい輸入レモンが売られてるけど、
国産レモンをもっと販売して欲しい~

この時期の愛媛県は柑橘シーズンで道の駅は
グリーンイエローカラーで染まってました ^^

グリーンレモンに興奮している私達に店員さんがこれ知ってますか?
って持ってきて下さいました。
これ、何だと思います???
e0099614_2003362.jpg

イモムシみたいだけど、これが”あけび”です。
良かったら食べてみます?と言われたので頂いてみると
果実は柔らかくて、とっても甘かったです。
中にたくさん黒い種が入っていてちょっと食べにくかったですが。
道の駅で長居していると、早く旅館でゆっくり寛ぎたいと言ってた父は
ふてくされてどこかへ行ってしまいました。。。

やっとお宿、「旅館さわき」さんに到着すると、ちょうど夕日が沈む頃でした。
旅館近くにあるマーレ・グラッシアという海水を利用した温浴施設から
夕日が綺麗に見えるということで、お風呂の準備をして夕日を見に出かけました。
あっという間に沈んでいったけれど、とても綺麗な夕日が見れました。
後で気づいたのですが、マーレグラッシアのお風呂に入りながら
夕日が見れたらしい!!!残念~!
e0099614_2028734.jpg

ここのお風呂は海水を利用したタラソテラピー(海洋療法)を取り入れていて
心身を癒し活力を高める自然療法ができるそう。
濃度の濃い塩水のお風呂につかるとお肌つるつる、からだポカポカで
とっても気持ち良かったです!
傷口にひりひりしたけど、確かに治りが早かったです。
海水パワーってすごい!

気持ちいいお風呂につかって旅館に帰ると、楽しみにしていたお食事~!
幻のアコウの煮付けや、舟盛りのお刺身には瀬戸内海の新鮮な鯛、
アコウ、伊勢エビ、サザエなど盛りだくさん!まだピチピチヒレが動いてたし。
大きなホタテ貝やプリプリの海老の陶板焼き、そして鯛めしと
魚、魚、魚と新鮮な魚尽くしのお料理を堪能しました!
こんなにたくさんの魚貝を一晩で食べたのは初めて!
どれもお味よくボリューム満点でした。
e0099614_20371226.jpg

旅館の仲居さんがとてもノリのよい方で、一緒にお喋りを楽しみながら
楽しいお食事になりました。

この日も充実した一日になりました!
大三島で出会った方々ありがとうございました。
[PR]
by Flora-yui | 2012-10-28 15:16 | Other

愛媛県今治市菊間町

こんにちは~hana日和です。
旅のつづきです。
道後温泉を後に、翌日は朝から今回の家族旅行のテーマである
愛媛県今治市菊間町にある”遍照院”(へんじょういん)を訪問しました。
海沿いの道路をドライブしていると、リゾートのような景色が現われました!
e0099614_23363271.jpg

この付近は父の田舎です。
父が子供の頃はよく魚を捕まえたり遊んだそうです。
だからか、魚好きな父です。
e0099614_23573632.jpg

遍照院は父の先祖の過去帳が残っているところ。
厄よけで有名なお寺らしく、土日は観光バスがくる程の盛況なのだそう。
ということで、平日に訪問させて頂くことになりました。

ちょうどこの日の朝、たまたま父が9年前に祖母を連れて訪問した時に
遍照院の住職から頂いた父の先祖の過去帳を見ると、なんと10月19日!
私達が訪問する日と同じ日付でした!
更に、約20年前に封書で送ってもらっていた過去帳を見ると10月18日!
今回の旅の出発日!
家族皆で驚き、何だか不思議な力がはたらいているような気分でした。
きっと亡くなった祖母が私達を遍照院に呼び出したのだろうって・・・
住職と将来のお墓について色々と相談させて頂き、父も納得した様子。
先祖供養は大事なことですしね。
e0099614_0315.jpg

お寺を出てすぐ近くに祖母の親戚が住んでいるので、ご挨拶に伺いました。
翌日菊間のお祭りで、家内安全や五穀豊穣を祈願する
お供馬の走り込みという行事があるようで、町中に幕がかけられてました。
子供が装飾をつけた馬に乗って参道を一気に走りぬける行事だそうです。
面白そう!時間があれば見て帰りたかったなぁ。

父の先祖のルーツを辿る目的を果たし、今回の旅の目的は終了~
この後は観光を楽しみます。
[PR]
by Flora-yui | 2012-10-28 14:23 | Other

道後温泉

こんばんは~hana日和です。
10/18から二泊三日で父の田舎の愛媛県へ家族旅行行ってきました。
奈良から愛媛県松山市まで車で片道約7時間。
遠かった~
一日目は道後温泉で旅の疲れを癒しました。
e0099614_2301291.jpg

道後温泉本館は明治に建てられた温泉浴場で、
国の重要文化財として指定されています。
道後温泉本館の周りには、たくさんの旅館やホテルがあり
本館から温泉をひいているそうですが
せっかくなのでレトロな雰囲気や趣を感じる為に、本館へ行ってきました。
ここには皇室専用のお風呂もあり、昭和天皇もここの温泉に入られたそう。
温泉につかって体があたたまり、お肌もつるつるになりました。
やっぱり温泉っていいですね~

道後温泉本館前には商店街があり、一六タルトがたくさん売られていました。
商店街を抜けると、レトロな雰囲気の道後温泉駅やからくり時計があります。
e0099614_23161631.jpg


今回宿泊したホテルは椿館。
e0099614_23222958.jpg

食事では愛媛県の牛肉、伊予牛のお鍋や、初めて食べた太刀魚のお刺身、
鯛のかぶと煮、鯛めしやらお肉とお魚とお野菜とバランス良く
どれも美味しかったです。

食後はホテルのロビーで水軍太鼓ショーを見に行きました。
e0099614_0105767.jpg

母は眠いし、途中で部屋に戻るわと言いつつ、太鼓のショーが始まると
太鼓の音頭にノリノリで(笑)前に身を乗り出して見入るほどで・・・
結局、最後までショーをじっくり見て迫力あってとても良かったわー!
と大絶賛!!!
確かに予想外の大迫力の演奏でとても感激しましたが
私と妹は母の首がノリノリに動いている姿に大ウケでした!
でも母のように首フリフリのおばさまが他にも数人いてました。
外人なら踊っていたでしょうね。

瀬戸内海はかつて戦国時代に水軍が勢力をあげており
その水軍を送り出す時に太鼓演奏がされていたそうです。

その水軍太鼓を後世に残す為に水軍太鼓を復活させて
子供から大人まで学校や仕事の後に練習をしているのだそう。
この日は平日の夜だったので、3人しか演奏者がいませんでしたが
3人でもすごい迫力でした。
演奏されている方は皆さん汗だくで、とてもすごい筋肉でした。

ショーの後、毎年この太鼓の皮を張り替える為にとても費用がかかるそうで
折れたバチで作った携帯ストラップを販売し寄付を募っていました。
久しぶりに感動した太鼓演奏のお礼とこれからもこの太鼓が残っていくように
家族皆で携帯ストラップを買って帰りました。

気持ちいい温泉につかって、美味しいお料理を頂いて、
迫力ある生演奏を聞いて、充実した旅のスタートでした。
[PR]
by Flora-yui | 2012-10-27 17:53 | Other

河内ワイン

こんばんは、hana日和です。
先日友人のお誘いでペルソナカードの会員向け特別ツアー
”大阪ゆらり旅” 河内ワイン工場見学&ワイン講座に参加してきました。
全く知らなかったのですが、大阪で今もまだ唯一ワインを作っているところが
南大阪市羽曳野にある【河内ワイン】さんです。
e0099614_23442992.jpg

この辺りは昔からぶどうの生産が有名だったそうですが
昭和9年の台風の影響で、ぶどうの出荷ができなくなってしまい
政府に許可をもらってワインを作り始めたのがスタートなのだそう。

近鉄南大阪線の駒ヶ谷駅に到着すると、
駅前には梅酒で全国的に有名なチョーヤの本社がありました。
実は、チョーヤさんのスタートもワインだったそうです!
南大阪が発祥とは驚き!
民家をくねくね曲がりながらぶらぶら歩くと、いきなり河内ワインに到着~

まず河内ワインの名物専務(金銅こんどう専務)さんからご挨拶。
昔は専業主婦でワインも飲めなかったそうですが、
ご主人が亡くなられてから河内ワインを残す為に奥様が
経営を引き継ぐこととなり、勉強してワインを飲めるようになったのだとか。
e0099614_0303049.jpg

もっと河内ワインをたくさんの人に知ってもらう為、
話し下手を克服する為に落語を学び、桂三枝さんからフランスの高級ワイン
”ロマネコンティー”から【ロマネ金亭】という名を頂いたそうです。
その後フランス語で落語も学び、実際にフランスで落語をしてきたそうな!
他にもワインの勉強や資格を修得したり、ワインに合うお料理を
ホテルのシェフのところまで学びに行ったり・・・とても努力家です。

ご挨拶の後、まずは新しく完成したサロンを見せて頂きました。
古い蔵を改造して貸し切りの催しに使われるそう。
ここで、あのダルビッシュパパもワインを飲みに来られるそう!
e0099614_23501010.jpg


サロンを見せて頂いた後、工場見学をさせて頂きました。
この間に金銅専務はお手製キッシュを焼いてくるといって去られました。
工場に入ったとたん、ぶどうのい~い香り!
こちらが、ワインを熟成させる発酵樽。
昔は木の樽でしたが、現在は衛生面でステンレス樽が使われているそう。
写真の木の樽に小さい入口がありますが、昔はここから人間が樽に入り
樽を殺菌させていたそうです。
こんな狭い穴に男性が体を横にして入ったなんてすごい!
e0099614_2344439.jpg

ここで説明を聞いて知ったことが、
赤ワインは赤ブドウを潰して、皮や種ごと発酵させてから絞ります。
この皮や種から色素(タンニン)が出て、綺麗な濃い色になるんですね。
白ワインは絞った後、皮や種を取り除いたぶどうジュースを作ってから発酵させます。

こちらは使われなくなった古い樽を分解して壁にされている倉庫。
左の写真が樽の外側で、右側の写真が樽の内側を使ってます。
樽の内側は、写真では見づらいですがライトに当たるとワインの成分が
キラキラ輝いて綺麗です!
e0099614_0145114.jpg

河内ワインで作られているワインが紹介されていました。
特に気になったのが、一番下の写真の赤ワインを作った後にできる
ブランデーベースの梅酒。
ぶどうの香りがするブランデーの梅酒なんて美味しそ~!
ラベルがナニワらしいユニークな絵です。
買って帰って飲んでみると、とってもまろやかで美味しくて
気にいってしまいました!
e0099614_0171264.jpg


左下の写真はコルクの木です。
長いコルクほど、高級なワインなのだそう。
また、ワインを保存する時は横にしてコルクに
ワインが触れるようにしておくとコルクが乾燥して固くならないそうです。
面白い話ですが、ポッキーを入れた冷蔵庫の中で保存したワインは、
数年後コルクから香りがワインに移り、
ワインにポッキーの香りがついていたそうな!
e0099614_0244661.jpg

工場見学が終わると、ワイン館2Fのテーブルに美味しそうなお料理が!
そしてワインが注がれ、専務の特製焼き立てキッシュが運ばれてきました。
今回約40人分のこのお料理は全て専務一人で前日夜中3時に起きて
作られたそう!
e0099614_0345257.jpg

どのお料理も美味しくてワインに合ってお昼から幸せでした♪
お料理を頂きながら、また金銅専務のワイン講座を聞いていると
フランスへ行きたくなってしまいました!
e0099614_036165.jpg

最後に金銅専務が更にワインを楽しんでもらう為にと
ミニコンサートと12歳のかわいい男の子のバレエ鑑賞まで手配して下さり
お昼からほろ酔い気分になりながら優雅な時間を過ごしました♪
e0099614_0391954.jpg

河内ワインと出会えて本当に良かったです!
一日とても充実して優雅な日を過ごせて河内ワインさんに感謝です^^
ありがとうございました!
あまりの楽しさと感動で翌日は会社の同僚にたくさん宣伝してしまいました!
この感動はこのブログの長さでも分かってもらえますね!(笑)
長くてスミマセン・・・

河内ワインさんのこれからの発展を応援しています!
そしてまたワインと梅酒、買いに行きます!
[PR]
by Flora-yui | 2012-10-25 23:55 | Foods
こんばんは~
昨日、結婚4周年ということで、リッツカールトンホテルにある
イタリア料理のレストラン、『スプレンディード』でお食事してきました。
(↓の写真はレストランではなく、ホテルロビーです)
e0099614_2315405.jpg

今年は誕生日に大阪で有名な高級イタリアンやフレンチレストランへ
行ったのですが、なかなか満足できず終わっていたので
今回はどこへ行こうかな~とネットでお店を探していたら、
『ザ・リッツ・カールトン大阪』が15周年記念で特別メニューを見つけました!

実は夫と初めて出会った場所が、『ザ・リッツ・カールトン大阪』の
イタリアンレストランのスプレンディードでした。
当時は若かったのでかわいらしくケーキバイキングへ行ってました。
それがちょうど12年前の秋。
その後一度もリッツカールトンに行ってなかったので
今回は懐かしい昔を思い出し、初心に戻れるように?!(笑)
ディナーをしてきました。

さすがレストランの中の高級感なインテリアや雰囲気は昔と変わらずで、
お料理もどれも大変美味しく、ウェイターの接客やサービスも大変よく
久しぶりに二人とも大満足でした!

リッツならお値段が高いし当たり前と思われるかもしれませんが、
(15周年記念のプランということもあるかもしれないですが)
他の高級イタリアンやフレンチレストランよりお安かったです。

そして、食後にウェイターの方がお二人ともワインをよく飲まれていて
お好きなようだったので・・・と、
ポルトガルの甘いワイン、ポートワインを食後に出して下さいました。
e0099614_23342581.jpg

そしてウェイターに話しかけられいろいろとお話をしたり、
他のウエイターもテーブルに来ては、「この度は誠におめでとうございます」
とご挨拶されて、お会計の場所でもまた言われ・・・
ちょっと恥ずかしくなる程でした。

お店を出た後は外のロビーのソファーに座っていると、
カフェバーから生演奏の歌が聞こえて、ソファには私達以外誰もいなく
他の椅子に外国人が二人パソコンで仕事?してたりと
まるで海外に来た気分でした。

とにかく、どこを見てもインテリアがさすがです!
暖炉の中にはさりげなくハロウィーンを演出してましたし。

今年はとてもいい結婚記念日を過ごせました♪
これからもずっとここで記念日をお祝いできたらいいなと思いました。
リッツはやはり最高!
e0099614_23394459.jpg

[PR]
by Flora-yui | 2012-10-10 23:10 | Foods

ハロウィーン

こんばんは~hana日和です。
実りの秋の季節になりましたね。
今日は大作のお花のレッスンで秋らしい大作アレンジを習ってきました。
タイトルはハロウィーンです。
e0099614_2231474.jpg

今回はツルで”丸”を作るレッスンをしました。
大きな丸をつくるのはバランスがとても難しい~
輪にした6本のつるを組み合わせて、更につるを絡めて作りますが
なかなか綺麗な丸をつくるのって難しい・・・
私と友人で作った丸はちょっとつぶれた感じになってしまいました。
e0099614_22395148.jpg

つる梅もどきという可愛らしいオレンジの実がついた枝を
このつるに通すと丸が固定され丈夫になりいい感じになります。
e0099614_22435972.jpg

白いダリア、真っ赤なグロリオサ、緑のアンスリュームや実ものを
丸の上に乗せていくのですが、たくさん入れ過ぎたらしく丸がつぶれてしまいました。

やっぱり初めにつるで丸を作る時にきちんと丈夫な丸を作るべきでした。
失敗でしたが、こういう楕円のデザインと思えばまあ大丈夫かな。
それに、失敗したことで学べたと思えば良しですしね。
ポジティブシンキングで結論づけ(笑)

帰宅後、失敗の経験を生かしてもう一度小さめで丸を作ってみました。
e0099614_2257932.jpg

ツル好きの私は山に行くとキョロキョロしてつるを探してしまいます。
山にはいろいろな種類のつるがあり、私は採ってきたツルで
時々リースを作ります。
フラワーアレンジでは、複雑な形のツルほどいい味だしてくれるんです。
ツルをもっと極めたい!って思えたレッスンでした。
[PR]
by Flora-yui | 2012-10-09 00:26 | Fresh flower

お伊勢詣り ~内宮編~

今回のお伊勢詣りの最終目的地、内宮(ないくう)に到着。
鳥居をくぐると伊勢神宮を流れている五十鈴川にかかる宇治橋を渡ります。
e0099614_23224753.jpg

五十鈴側はとても綺麗な清流です。
e0099614_23451296.jpg

参道を進んでいくと、御手洗場(みたらいば)に到着。
昔は内宮へのお参り前、ここで身を清めてたそう。
川は陽の光でキラキラしていて、まさに神聖な感じの場所です。
e0099614_23505427.jpg

内宮は外宮と違って広々していて開放的な感じ。
大木がたくさんあり、木に触れる人もちらほら。
パワースポットで有名ですしね~
敏感な人は木のパワーを感じるそうですね。
私にはそんなパワーないけど・・・
e0099614_03448.jpg

内宮の少し手前に式年遷宮(しきねんせんぐう)の新しい社殿が
建てられていました。これは20年に一度の神様のお引っ越しです。
来年がちょうどその年に当たるので、今の場所の内宮を見れるのは
今年で最後です。
e0099614_0235315.jpg

e0099614_0285739.jpg

そしてこちらが今の内宮。
日本の最高神である天照大御神を祀っています。
感謝のお礼と今後のことをお参りしてきました。
e0099614_0344245.jpg


帰りは右側の違うルートで帰ります。
途中、宝物を保管する倉庫や、お米を保存する倉庫などがありました。
e0099614_0395346.jpg

最後には荒祭宮(あらまつりのみやぐう)といって、
天照大御神の魂を祀っているお宮に立ち寄りました。
活動的でパワーのある魂なので、新しいことをする時や問題ができた時に
助けて下さるそう。
こちらもも隣に式年遷宮の場所ができていました。
e0099614_0473249.jpg


今年は平日だったことと、涼しい秋ということもあり
快適にお伊勢詣りができまたパワーを頂いて帰ってきました。

皆さんもお伊勢詣りしてみては如何ですか?

e0099614_0581070.jpg

[PR]
by Flora-yui | 2012-10-08 22:50 | Other
こんにちは~hana日和です。
外宮のお参りの後、内宮へ移動してお昼ごはんを食べに行きました。
外宮から内宮までは車で10分ほど。
私達がいつも行くお店がここ、『とうふや』さんです。
e0099614_2362892.jpg

内宮から一番離れたおかげ横丁にありますが、駐車場から歩いてすぐです。
五十鈴川の川沿いにある和風建築で、店内には釜戸や囲炉裏があり
風情ある雰囲気のお店です。
窓側に座ると五十鈴川の景色を見ながら、心地よい風にあたりとても気持ちいいんです。
e0099614_2312547.jpg

とうふやさんは、手作りのお豆腐と天然あなごを使ったお料理のお店。
豆腐膳や、穴子の天丼や、煮穴子の丼ぶりやあなご寿司や
一番豪華なのはひつまぶし風あなご重膳です。

ただ、この日のひつまぶし風あなごは今までより小さかったのと
少し焼すぎていたのが残念。
穴子寿司膳はいつも通り美味しかったです!
e0099614_233174.jpg


お腹一杯になったので、おかげ横丁を歩きながら内宮へ。
何だかタイムスリップしたような気分になります。
e0099614_2338216.jpg

そして有名な赤福本店。さすが立派な構えです。
e0099614_23382598.jpg

私は赤福に来たら必ず買うものが、こちらの赤福のほうじ茶。
伊勢のほうじ茶は無農薬で、普通のほうじ茶より甘みがあり美味しいです。
特に赤福のほうじ茶は赤福餅に合うように作られたそうですが、
食後にとても美味しいです。
赤福餅は本店以外でも買えますが、赤福のほうじ茶は伊勢神宮の
赤福のお店でしか買えないので伊勢へ行かれたら買ってみて下さいね!
e0099614_23564275.jpg


但し、おかげ横丁でのお買い物は平日は人が少ないので16時過ぎると
お店が閉まり始めます!要注意!
[PR]
by Flora-yui | 2012-10-07 15:53 | Other