お花で癒しとこころにゆとりある暮らしを


by Flora-yui
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

食べ物と放射能のはなし

こんばんは~hana日和です。
震災から一年。
昨年なかなか書く機会がなかったので
この一年を節目として、放射能について説明したいと思います。
これは夫の友人の奥さまから借りた本。
とても分かりやすく、自分のからだに深く関係することなので購入しました。
e0099614_222317100.jpg

今この危機的な放射能について、どれだけ知っているでしょう?
私は関係ない、知らない、知らされなかったではすまない状態に
今日本はおかれています。
目に見えないからこそ、怖い放射能。
でもわたしたちは今後一生放射能と付き合っていかなければならないのです。

チェルノブイリ原発事故が収束した3~5年後、
子供達は甲状腺障害、大人も白血病、ガン、不妊、先天性異常
など様々な症状が現われているそうです。
そして25年経った今、25~35歳の若者が少ない。
それはたくさんの子供達が甲状腺がんで亡くなり、生き残ったのは
甲状腺がんの手術をした子供達で、皆、首に手術した傷跡があります。
それを「チェルノブイリ・ネックレス」と呼ばれているそうです。

チェルノブイリの事故後に生まれたベラルーシ(地域)の子供で
健康と言える子供はわずか20%しかいないそうです。
あとは皆何かしら健康に問題があるとのこと。
そしてそれは人間だけでなく、魚、動物、植物、
鳥にも悪影響があるとのこと。
日本でも今後同じ事態が起きるのではないでしょうか。。。

私達が生きていくうえで必要なのは、空気、水、食べ物です。
でもそれが汚染されてしまった今、これから私達が一番
注意しなければいけないのは、この呼吸や食べたり飲んだりして
からだの中に放射能物質を取り込む【内部被ばく】です。

放射能に汚染された食べ物は、出荷、販売されてはいけないし
食べない方がいいのですが、現実には市場にたくさん出ています。
被災地をもちろん応援してあげたいけれども、
知らないで食べてしまうと、被爆者がどんどん増えていくことになります。
特に胎児、子供は細胞の成長が大人より早いので
大人の10倍!もの放射能が細胞の中のDNAを切断します。
でも、生物は体内に取り込んでも、汗や尿、糞便で排泄する機能があるので
体内の放射性物質が半分に減らされます。それを【半減期】と呼ばれます。

ではよく聞く名前の放射性物質を説明しましょう。

①ヨウ素

天然のヨウ素と放射性ヨウ素があります。
放射性ヨウ素がからだに入ると天然ヨウ素と間違えて甲状腺に
どんどんためこみます。
甲状腺には子供が成長する時に必要な甲状腺ホルモンをつくります。
なので幼児や子供はヨウ素の取り込みがとても多いのだそう。
ただ、放射性ヨウ素を取り込んでも半減期は7.5日です。
なるべく普段の食事で天然のヨウ素、【海藻】を取ることをすすめます。
日本人にとって、お味噌汁にわかめは定番ですね!


②セシウム

カリウムに構造がとても似ているので、間違って体内に取り込みます。
生殖器や筋肉に蓄積します。
半減期は110日。
実験でセシウムを駐車したネズミにカリウムを含んだ餌を与えると
排出が早く進んだそうです。
このことから私達は普段の食事でカリウムの多い食品を取るということは
放射線の取り込みを防ぐのにとても効果的です。
カリウムが多い食品としてはバナナより【あずき】だそう。
日本人はお赤飯や和菓子でもあずきをよく食べますね!
他にもひじき、こんぶ、切干大根などがあります。


③ストロンチウム
性質がカルシウムと似ているのでからだが間違って骨に取り込みます。
骨のガン、白血病を引き起こします。
半減期は18年。
水溶性で植物に吸収されやすく、土の深い場所まで届きます。
普段から小魚などのカルシウムを多く取りましょう。


④プルトニウム

名前聞いただけでも恐ろしそうなイメージですが・・・
イメージ通りとても恐ろしい物質です。
一度取り込むと半減期は2万4000年。。。
永遠にからだの中に残るってことですね(怖)
この猛毒な物質は、肺、生殖器、骨にたまるそう。
今回の事故では原発敷地内でしか検出されてないということですが
3号機は爆発しているので、大気中に放出されている可能性も。

これから普段の食事で放射線を除去する調理方法を説明します。

●お米
精米して水で研げばほとんど落ちます。
実には全体の約10%しか残らないので
水で研げばほとんど落ちます。
ただ防ぐには精米はよいのですが、
排出する為には、ミネラル豊富な玄米が有効なようです。
汚染のない有機玄米を摂取できれば一番よいようです。

●小麦
製粉すると80%除去されます。

●野菜
よく水洗いし、湯がいて水にさらせば50~80&除去できます。
日本食では煮物やおひたしがありますが
まさに放射性物質を取り除くのに適した調理法ですね。
私はなるべく関西より西のものを選ぶようにしています。

●酢漬け、塩漬けで水分を抜かす
酢漬けのキュウリは90%除去できたそうです。
ただ残ったお酢は飲まないように。

●じゃがいも、にんじん、きのこ
皮をむくと55%除去可能。
きのこは乾燥したものを水戻しで80~90%除去できます。

●肉
煮込み料理でセシウム半分除去。
しゃぶしゃぶ、肉じゃがなどが適してますね。

●魚貝類
水洗いや煮つけでかなり除去可能。

●牛乳・乳製品
セシウムは水溶性の為、クリームやバター、チーズには
移行しませんが、牛乳やホエー(ヨーグルトの上澄み)には
含まれるので注意が必要です。

◎放射能を吸収しにくい野菜とくだものは、
「ベラルーシの部屋」というブログを参照下さい。

くだものはリンゴ、ナシ、イチゴ、サクランボは放射能を吸収しにくいそうです。
くだものに含まれる酵素や繊維が排出の助けになるそうです。
特にリンゴのペクチンは放射性物質の排出にとても効果があるそうです。

放射性物質を体内に取り込みにくいからだにする為には・・・
普段から必要な天然ミネラルをからだの中に満たしておくことが重要。
【マゴハヤサシイ】で高ミネラル食をとりましょう!
マゴハヤサシイとは、日本古来の食事法。

マ=豆
ゴ=ゴマ
ワ=わかめ
ヤ=野菜・果物
サ=魚
シ=シイタケ
イ=芋
+玄米

納豆や味噌、ぬか漬けは日本で代表的な発酵食品で
カリウムが豊富でセシウムの体内取り込みを抑えてくれるし
微生物の働きで排泄にもとても有効とのこと。

長崎に原爆が落ちた時、ある医師が水を飲んではいけない、
玄米飯をたくさんのお塩でにぎったもの、
塩辛いわかめのお味噌汁を毎日食べなさい、甘いものは避けよと
指示したそうです。そしてその指示通りに食事をしてた人は
症状が出ず生き延びたのだとか。すごいですね!

そして、チェルノブイリの事故後はこの経験から
日本から大量のお味噌がチェルノブイリへと送られたそうです。

昔ながらの日本食を食べていれば、放射能からからだを守れるなんて
日本人は神様から守られているのではと思います。
今の若者は西洋の食事をよく取るようになりましたが
ここで日本食を見直す時がきたと思います。

今後妊娠の確率がある方、妊婦の方、乳幼児をもつお母さんは
これから生きていく子どもの為にきちんと知識を持ち、
汚染のない産地の食べ物を選ぶ必要があると思います。

これから元気に生き残っていける人は、きちんと知識をもち
正しい行動をする人だと思います。

先日の震災から一年の時のテレビの映像を見ていた時に
福島に住む母親が子供達が未だ時々鼻血を出すと心配していました。

この本を貸して下さった奥さんもちょうど震災前に東京で出産し
震災を東京で経験したそうですが、産婦人科へ行くと
鼻血をだす赤ちゃんがいてると話していました。
怖いですね。。。

もっと詳しい内容はこの本をおすすめします。

長くなりましたが、健康が一番!
玄米、天然塩、味噌、海藻、梅干、ぬか漬けなどの漬物、
日本の伝統食は私たちのからだを守ってくれることを覚えておいて下さい。

このブログを通して皆さんが今の日本の放射能についてもっと関心を示し
安全な暮らしができますように。
[PR]
by Flora-yui | 2012-03-15 23:20 | Other | Comments(0)

3.11

こんばんは、hana日和です。
震災から一年。
今日は久しぶりにリースを作りました。
いつかまた・・緑いっぱいでお花が咲く福島になりますようにと願いを込めて。
そして亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に
被災された方へ心からお見舞い申し上げます。
e0099614_23271158.jpg


今日は一日中テレビで昨年の震災の映像、
現在の福島、そして被災者が今どのように生活しているかということを
映像を通して見ることで、また忘れてはいけない現実を突き付けられました。

まだ放置された瓦礫の山を見て胸が痛い思いでした。
やはり見えない放射能が大きな壁となっています。

便利を求めて人間が作った原発が
自然を破壊し、最終的には自分達を不幸にしています。

健康で、家もあり、仕事もあり、家族や友人が側にいて
放射能の数値に敏感にならずに外を歩き、
普通の生活ができているということは、どんなに幸せなことか。

自分の悩み、不満なんてとてもくだらない。

人間は日々いろいろな人や物を通して、助け合って生きています。

だから、自分だけ楽をしようとか、損得で行動するのでなく
誰かが大変な状況であれば手を差し伸べ、困ってたら助け合う。
これが人間が生きていく中で大事なことだと思います。

元気で仕事がある人が、よく働きよく稼ぎお金を使う。
それが循環して、未来の日本の復興に繋がると思います。

明日からまた元気に働こう!
自分の為、人の為、そして未来の日本の為に。
[PR]
by Flora-yui | 2012-03-11 23:09 | Other | Comments(0)