お花で癒しとこころにゆとりある暮らしを


by Flora-yui
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

こんにちは、hana日和です。
e0099614_2322886.jpg

昨日、今月の大作のフラワーレッスンへ行ってきました。
今回は、オールラウンドという360度どこから見ても綺麗なアレンジです。

花材は、真っ赤でエキゾチックなお花、グロリオサを
たっぷり20本も使って生けてます。
とっても豪華で綺麗です☆

グロリオサは、熱帯アフリカのユリ科のつる性植物です。
蘭と同じくとても強く、花もちがいいので長く楽しめます。

グロリオサは細い茎にたくさんの大きなお花が咲くので倒れやすい為、
枝ものに絡ませながら入れてます。
葉っぱの先がくるんっとカールしているので、すぐに絡まってくれます。
e0099614_23133575.jpg

でも一度絡まってしまうと、解くのが大変です。
絡まってるカールを解こうとすると、「やめてー」って聞こえそうな。
「ごめんね、ごめんね」と思いながら、解いてました(笑)

大作は分解して持って帰るので、今朝は持ち帰った半分の花材
(10本のグロリオサ)でオールラウンドを大小2つ作りました。
e0099614_23453497.jpg

大きい方は明日実家にお客さんが来られるということで母に差し上げました。
お玄関に飾るととっても華やかな空間になります。
お客さんを喜ばせてお出迎えさせてあげられるでしょう!
[PR]
by flora-yui | 2011-05-22 23:19 | Fresh flower

My Birthday

こんばんは、hana日和です。
週末、夫が私の3*歳の誕生日をお祝いしてくれました!
e0099614_2156389.jpg

結婚して2年半が経ち、毎日仕事から帰宅後、急いで晩ご飯を作り、
お弁当を作り、最近、料理が面倒になってきたこの頃。。。

もちろん、外食やお惣菜を買って手抜きする方法はいろいろとありますが
お家ごはんは、一番安全でヘルシーで自分の好みの味つけで
経済的で好きです。(外食は味つけが濃いものが多くて・・・)
あと、ゆっくり寛いでお酒も飲めるし(笑)

たまにはお料理から解放されたいという私のリクエストに応えて
(あと、夫に料理を作る大変さを気づいてもらいたくて)
イタリアンを作ってくれました!

仕事の休憩時間に、本屋さんで【男の料理本】を見て悩んだ末
このお料理を作ったそうです。
お料理中、「あっ!」とか「あれ!?」とか四苦八苦している声が聞こえて
ちょっと笑えました。

温かいお料理を食べるには、頭を使って同時進行でお料理するから大変と
よく話していたので、今日は頑張って同時進行で作っていたようです。

私の好きなチーズを入れた色どり野菜のオムレツと、
ペペロンチーノ(これは夫が食べたかったから)を作ってくれました。
あとは、私の好きな赤ワインと、PAULのパンを用意してくれていて
乾杯してゆっくりお家ランチを楽しみました♪

オムレツが今まで食べたことない味でとっても美味しかったです!
ちょうど妹からプレゼントにもらった、調理したまま器ごと出せるという
おしゃれで便利な小さい土鍋を使ってくれていて、見た目もGOOD!

お料理は嫌いではないけれど、忙しい毎日の中で作るとだんだん疲れます。
たまに作ってもらえると、妻はいい息抜きになり、夫はいい勉強になり、
お互いが相手の立場を分かりあえていい機会です。

夫は食べ終わった後、「終わった~!」とお料理から解放され喜んでました。
私は、束の間の料理解放デーでしたが、とっても幸せなお祝いになりました。

夫へ、ありがとう♪
これからも(たまにはお料理)よろしくお願いします(^-^)
[PR]
by flora-yui | 2011-05-11 21:42 | Other

よもぎ

こんにちは、hana日和です。
結の炭家のお庭にたくさんの無農薬のよもぎが生えていました。
妹が今のよもぎは新芽で柔らかくて美味しいから
よもぎ団子を作ろう!ということで皆でよもぎを収穫しました。
e0099614_23412987.jpg

よもぎを摘んでいると、よもぎなのか雑草なのか分からない葉っぱがあります。
そんな時は、葉っぱを裏返して色がシルバーだったら、よもぎだそうです。

ここでよもぎについて簡単に説明します。
よもぎは日本の和ハーブです。
古くから食用、薬草として利用されてきました。
お灸に使用される”もぐさ”はよもぎの葉の裏の繊毛を精製したものだそうです。
種類はキク科で多年草。
主要成分にシネオール、タンニン(ポリフェノールの一種)、クロロフィル、
ビタミンA、B1、2、ビタミンC、鉄分、リン、カルシウムが含まれてます。

食物繊維はほうれん草の10倍もあり、クロロフィルという成分は
体内に蓄積したダイオキシン、残留農薬、有害金属(水銀、鉛)を
取り除いてくれます。

薬湯としてよもぎ風呂は、血行促進、冷え性、肩こり、美肌、
安眠などに効果があるそうです。

さて、説明はここまでにしてよもぎ団子の作り方です。

1.よもぎを洗って湯がきます。
e0099614_23595560.jpg

2.細かく刻んで、すり鉢ですります。
e0099614_012182.jpg

3.白玉粉に2のよもぎを加えて、お水を少しづつ加え混ぜます
e0099614_022475.jpg

4.耳たぶ位の固さになったら、丸めて沸騰したお湯でゆがきます。
  浮いてきたら、出来上がりです!
e0099614_031956.jpg

とってもヘルシーで健康にいい簡単なおやつです。
e0099614_0103481.jpg

ぽかぽかと暖かい日差しの下、
お庭に御座を敷いて、よもぎ団子を頂きました。
いい景色を眺めながら、田舎のティータイムは至福の時でした♪
e0099614_0213849.jpg

一泊でも色々な体験を通してとても楽しく充実した日を過ごせました。
今の現代の子供達に、ゲームや勉強では体験できない、
こういう田舎暮らしを通して自然や昔の日本人の生活を
遊びながら学ばせてあげたいと思いました。

妹は2日間私達を案内してとても疲れたようです。
いろいろとありがとう♪
[PR]
by flora-yui | 2011-05-08 11:29 | Herb

田舎暮らし (その2)

こんばんは、hana日和です。
翌日の朝、かまどでご飯を炊きました。
e0099614_22594680.jpg

今は電気やガスで簡単にご飯が炊けますが、
昔は自分で火をおこし、かまどでご飯を炊いてました。
田舎でも今もまだ、かまどがあるお家は珍しいそうです。

まず、ご飯を炊く為に薪割りをしました。
これは男性の仕事ということで夫が初体験。
e0099614_22553660.jpg

薪は燃えやすいよう、できるだけ細くなるまで割っていきます。
見た感じ簡単そうですが、以外と難しいそうです。

そしてお米をかまどに入れて、火をつけます。
e0099614_2371735.jpg

ぐつぐつと沸騰する音が聞こえてきますが、
白い湯気がでるまで、どんどん薪を足していきます。
e0099614_23142642.jpg

湯気がでてきたら薪は足さずそのまま自然と
火が弱まっていくまで放っておき蒸らして、出来上がりです。
初めての体験だったので、少しご飯が固めでしたが
薪の香りとお米の味がしっかりしていて、とても美味しかったです。
6合炊いたので、余ったご飯はおにぎりを作りました。
e0099614_23204494.jpg

ごちそうさまでした!
[PR]
by flora-yui | 2011-05-07 22:09 | Foods

田舎暮らし

こんばんは、hana日和です。
GWに夫と妹が住む岐阜の田舎へ一泊だけ遊びに行ってきました。
e0099614_23485040.jpg

ここは、結の炭家(ゆいのすみか)という古民家です。
たまたまですが、私の名前と同じ漢字が使われてて身近に感じます。
妹は昔の使われていない古民家をリフォームして、
田舎暮らしに憧れる人たちへ、古民家リフォーム塾という講座を開いています。
現代の人が生活できるように、昔と今の設備を両方兼ね備えて
田舎暮らしを体験してもらえる場所となっています。
薪ストーブ、かまど、いろりがあり、薪割りから炭おこしまで体験できます。

到着した日は雨で少し肌寒かったので、
妹に教えてもらいながら夫が薪ストーブに火をつけました。
小さいのに、部屋中とても暖かくなります。
人工的な電気やガスとは違う自然恵み、木の暖かさです。
昔の人は自然と体と環境に優しい生活をしていたのだなって実感します。
e0099614_23574793.jpg

夕食は、薪ストーブで火をつけた炭をいろりに運び
皆でいろりでお野菜、お肉、魚貝を炭火で頂きました。
余分な油は落ちて、旨みだけが残り、どの食材もとっても美味しかったです!
e0099614_011186.jpg


いろりは夜寝ている間は、危ないので灰をかぶせておきます。
翌朝その灰をどけると、ちゃんと炭がまだジーッと赤くなったまま残っていて
朝から火おこしせずすぐにお茶を沸かせます。
昔の人の知恵はすごいですね。
e0099614_07138.jpg


原発の事故以来、電気やガスが使えなくなったら、
私達現代の人々はどのように生活をすればよいのだろうと疑問に思います。
昔の人は自然の恵みをとても上手に活用して、
これこそエコ生活だと思いました。
[PR]
by flora-yui | 2011-05-05 23:46 | Other